コンテンツへスキップ

蟹をさばくのは難しいものです。活蟹のさばき方を簡単にご説明します。

はじめに、まな板の上で蟹のお腹側を上に向けます。

そして、「ふんどし」と呼ばれる、お腹の三角形の部分を引き剥がします。割と簡単に剥がれます。次に、包丁を使い、蟹のお腹を真っ二つに割ります。
その後、甲羅から足を取り外します。腹の切れ目を中心に、手で折り曲げるようにして外しましょう。胴の部分についたエラや薄皮は、指で細かく取り除いておきましょう。

胴の蟹ミソは落ちやすいので、フォークやスプーンでかき出して甲羅に入れておきましょう。ここまでで形になりました。最後に、調理バサミや包丁で脚を切り、身の肉を出しやすいよう、脚の表面に一直線の切れ目を入れておくという手順です。

慣れれば早くさばけるようになりますよ。
かにの通販と聞いて楽天を連想する人は少ないかもしれませんが、実はかにだって楽天がいいと思います。
安心して注文できるのはありがたいことです。圧倒的利用者数がそれを裏付けています。よほど事情に詳しい人でもないとかにの通販会社の良し悪しなどわかりませんよね。

下手をすると注意していないと知らず知らず自分から怪しいサイトにアクセスしてしまう恐れも上がります。掘り出し物を見つけたつもりが、まんまと罠に飛び込むようなことになりかねません。
一般的に楽天のサイト内は安全と考えて良く、傷んだ品物を買わされたりしないので、写真どおりの買い物が出来るでしょう。

その中でも口コミを集めているものや着払い対応を嫌がる業者も居ますが、それを取り入れてくれるお店は更に良心的で、品物にも信用がおけると思います。モズクガニというといかにも安そうな名前ですが、とても有名なブランドがにの上海ガニとよく見ると似ている、同じ族のかになのです。
上海ガニと似ていないのは背中の黒く細かい模様で、成長すると甲幅8センチと、小さめのかにです。

多くは、成体で170から180グラムになるといわれています。

雄より雌の方が大きいのも特長です。出汁用や丸ごと食べるために、日本の各地でいろいろな料理にされています。

ご馳走の代表格である蟹。

蟹といえば、とにかく種類が多いですよね。

味や風味の好みは、人によってバラバラだといえますから、通販で蟹を購入しようという人は、種類の違い、それぞれの特徴を押さえておくことも肝要であると言えるでしょう。
色々ある種類の中でも、特に人気のものとしては、皆さんご存知の、タラバガニやズワイガニなどです。

どんな種類の蟹を買うとしても、選ぶ際にはサイズや新鮮さを基準にすることを基本として覚えておきましょう。ブランド蟹にもたくさんの種類がありますが、私のお勧めは有名なズワイガニです。
蟹らしい旨味が詰まっており、繊細な風味も特筆ものです。

ズワイガニを一度味わってしまえば、もう他の蟹では物足りなくなるでしょうね。
ズワイガニは、どこの漁場で水揚げされたかによって呼び方が変わってきますが、脚に付いているタグによってそれを確認することができます。

タグのある蟹は、ブランド蟹として品質を保証された蟹ということになります。

蟹通販で注文した蟹が自宅に届いたら、タグを確認すればいいのだということを知っておきましょう。色々な種類のかにが通販で手に入る中で、タラバガニを買いたい方は多いようです。

買う前に十分業者のことを調べてください。
アブラガニという安価なかには、タラバガニにそっくりです。小さな写真では区別がつかないのです。
タラバガニだと信じて買ったら、アブラガニばかりだったというトラブルも起きているので、他の食品と同じく確かな評判のお店から買ってくださいね。

蟹通販で蟹を取り寄せるなら、活きた蟹とボイル済みの蟹、どちらを買ったものかと迷う方もいるかもしれませんが、蟹を食べる際のスタイルによっても左右されます。たとえば、蟹鍋であれば、茹でて殻を剥いてあるポーションタイプが適しています。

蟹しゃぶの場合は蟹鍋とはまた異なり、活蟹が一番いいでしょうし、鮮度が気になるなら生冷凍がいいでしょう。

こうして、商品ごとの特性や、向いている食べ方を知っておけば、商品選びにも困らず、もっと手軽に蟹通販を利用できます。店頭販売ではなく蟹通販で蟹を買うことのメリットとして最も特筆すべきポイントはどこに住んでいようとも、蟹の名産地から新鮮な蟹をクリック一つで買えてしまう部分だといえます。

対してスーパーなどの場合、様々なルートを通っている分、産地直送のアドバンテージと比較するとどうしても鮮度の面では劣ってしまいます。
つまり、本当に新鮮な蟹を求める方なら、漁港から直接届けられる蟹通販を利用するのが最も賢い方法なのです。